talblo 良いもの+ひとりごと

talbot(3児の父です) です。  物を買うときにいろいろ調べてしまう事が、誰かのお役にたてれないか?という動機で始めたブログも、はや5年が経ちました。 今では たくさんの方に訪れて頂けるようになりました。ほんとに感謝です。このブログを通して、一人でも多くの方が良い商品に出会える事を願っております。 たまに関係のない事も書きますがご了承ください。

結婚してレコードを売却してしまったお父様DJの方々へ Spotify DJのすすめ....

f:id:talbotbuy:20190516220122j:plain

 

 

 


結婚という儀式を終えると待っているのがお互いの生活を共有するということです。

カメラのレンズなどは売却してもよっぽどでない限り買い戻しができますが、問題はレコード。

青春時代をレコード趣味に突っ込んでしまったお父様方は手放すとなかなかもう手に入らないレコードを結婚 共同生活を機に泣く泣く手放されたことでしょう。

 

わかります。 そのお気持ち....

 

CD..

では満たされないそれ...

 

 

 

 

 

 

ラジコンのタミヤグランプリに出てみて思ったのですが、大人の参加者が40代以上の方が多く40-60歳ぐらいのレンジの方が一番多いように思います。

 

20-30代は結婚して、子供ができて わいわいしているうちはラジコンなんてなかなかやれません。

ましてやその年代の独身男性ならばラジコンのように、上達するととおっさんが集まってくる不可逆なものには手を出さず。女子が集まってくるものを狙うはずです。

 

つまり子供と一緒にラジコンに復帰している組が多い....

そうすると40がカムバック組の若手になってくるんです。

 

じゃあDJの世界はどうでしょうか?

これまた歳をとるとみなさん音楽を聴かなくなる。40超えてもベルギーからAmelie Lens初来日だ! 聞きに行こうというスタンスは 普通の人から見ると 変態です。

 

土曜の夜にクラブに音楽を聞きに行って日曜の朝寝てるなんて、そんな事を3児の父がすればどうなるかもうおわかりいただけるかと思います。 

そういう状況が相重なり、音楽を聞きに行った後、徹夜のまま子供を連れてタミヤグランプリに出て0.1秒を競うという非常事態が自然発生するのであります。

 

私の話は置いておいても... 

 

いろんな形で音楽から離れていく...

子供もできてくるとなおさらです.....

 

とにかくそれどころではない....

 

f:id:talbotbuy:20190516233759p:plain

先日 同年代とテラスでお酒を飲む会があり、久しくDJ機材をあえて持ち込みました。

iPhoneからの音楽を普通にBGMとしてかけるのもそれはそれで良いのですが、DJが入るとほんとに場が盛り上がります。おしゃべりも弾みます。エフェクターをいじるだけでも急に生のライブ感がでるんです...これが不思議なのですが....

 

自分のsetでドラマを作るクラブのDJと違って、そんなパーティーは状況が違います。

その場のライブで聞きたい曲を聞いてみんなで楽しむ。 

 

これはDJがかけたい曲をデータとして持っていては実現できないことでした。

そんな状況が今揃いました。

 

なぜそんな事ができるのか?

 

そうSpotifyのプレイリストでDJできるんです。

 

4Gやwifiさえ繋がっていれば、

 

Spotifyにある曲はその場でかけれます。

 

 

DJコントローラーを買ってPCDJを再開しようとされている方、

 

TRAKTORやserato DJは忘れてください。

Spotifyと繋がりません。 

クラブでDJしない限り お父さんには必要ない。

 

 

ダウンロードすべきはこのソフトdjayです。

f:id:talbotbuy:20190516222745p:plain

 

  

 

f:id:talbotbuy:20190516220122j:plain

 traktor audio2をつながればこの写真のようにヘッドフォンで音も取れますが、正直ヘッドフォンいりません。波形で頭出しをして、1小節で合わせてスタートすればピッチはSYNCで合わせてくれます。

 

見てください。かけたい曲はすべてSpotify

自分のいつものプレイリストが表示され、虫眼鏡検索でSpotify上のすべての曲をかけることができます。 iPadの中にさえデータがありません。

f:id:talbotbuy:20190516223148p:plain

 

 

ミキサー エフェクターももちろん内部で

f:id:talbotbuy:20190516225300j:plain

真ん中のFILTERはローパス ハイパスフィルターなのでこれだけあればOK

更にありとあらゆるエフェクト サンプリング EQも可能です。

f:id:talbotbuy:20190516225417j:plain

f:id:talbotbuy:20190517005116j:plain


 

 

 

その場でドラムマシンのように曲を作って混ぜていくことも可能ですし、

f:id:talbotbuy:20190516225654j:plain

 

4デッキも可能です。

f:id:talbotbuy:20190516225724j:plain

 

レコードのように針まで動かせます。

f:id:talbotbuy:20190516225912j:plain

 

これパイオニアのシステムで組んだら一体いくらかかるんでしょうか? というようなことがiPhoneやiPadがあれば簡単にできてします。

今インストールしているのは月額580円のproのほうなのですが、フリーのタイプでもかなりのことが可能です。

 

このソフトがあればiPadやiPhoneがあるだけで、

ローランガルニエからの奥田民生 や ハードハウスからのヒャダインとか無茶苦茶なのですがとにかくみんなが聞きたい懐メロをダンスミュージックに混ぜてどんどんかけていく 最後はみんなやり方覚えて掛けたい曲を検索して勝手にDJしていくスタイルです。ほんとうの意味でその場の人が喜ぶ遊びの空間を作れるんです。

 

 

 

持ち込んだのはiPadとヘッドフォンのみ

f:id:talbotbuy:20190516220122j:plain

 これにtalbot oneをつないでアンプを外部バッテリーのみです。

bluetooth スピーカーを繋がてもよしなんでも可能です。

 

 ipadだとやりやすいのですがiPhoneだとこんなシステムも考えられます。

f:id:talbotbuy:20190516230503j:plain

reloopのmixtourです。もちろん楽曲はiPhoneに入ってません。

かける曲はすべて4G回線の向こう側Spotifyネットワークです。

このへんに関してはまた後日ゆっくり書きます。 

 

 

 

 

f:id:talbotbuy:20190516233759p:plain

さてお父様....

何を言わんとしているかというと、 育児も落ち着き、またDJしたくなっても時代はレコードを買い戻す必要がなくなっている。

spotify そんなお父様方を喜ばせる楽曲の宝庫なんです...

検索して売却してしまったレコードをSptifyのプレイリストに入れるだけ お金はかかりません。 

 

探してなかった楽曲も無限に買い戻せるモードに突入してるんです。

 

Spotifyに懐かしのトラックがどんどんアップされていってます。

ハウスの人なので少し偏ってますが....どのアンダーグランドシーンも同じ状況です。

 

例えば永遠の名作トラック

open.spotify.com

 

盛り上がりましたね当時...

open.spotify.com

 

emma好きのお父様なら

open.spotify.com

 

open.spotify.com

 

 

個人的にstrictly rhythmの中でも好きな曲

open.spotify.com

 

フランスからローラン・ガルニエも

今聞いてもかっこいいです。Amelie Lensが今の曲としてかけても十分通用します。

open.spotify.com

 

 

これも15年前 こわい

open.spotify.com

 

誰もが知ってる名曲も簡単に見つかる さらにremasterdです。

open.spotify.com

 

 

朝方何回聞いたのでしょうか? big love

open.spotify.com

 

 

残念ながらこれはなかったです... 1995年か....

Morel Inc. - Why Not Believe In Him (1995) - YouTube

 

 

こうやってネットワーク宇田川町を散策することができるのです。それもお金がかからない。

そう 買い戻すのではなくプレイリストに入れるだけ...

ダウンロードすら必要ありません。

 

jazzと違ってハウスのレコードは売却時 買い叩かれました。見つけるのは大変 売るのはあっという間 そんな寂しい思い出を一気に取り返せる。

 

 

djayがあれば4Gがつながるところならプレリストの曲をそのままプレイできます。

 

f:id:talbotbuy:20190516233759p:plain

今買い戻し気分で過去に持っていたレコードどんどん探してますので共有させていただきます。1990-2005年あたりのハウスです。 持ってなくても欲しかったレコードも入ってます。 その当時大好きだったNYhardhouseはまだ散策できてません。なのですこしdeep house寄りですが.... 時間ができたらNYのdecadanceレコードやダンストラックス、eightballで買ってた音源探してみようかと思います。

もうすぐ200枚 1枚1000円としても20万円です。

 

 

 

 ついでに最近気になってる曲も

 

 

こんな曲の中に

 

 

その場でリクエストがあった曲などもごちゃまぜできる。

その当時 全くあんちだった TK

やっぱり良く出来てる。 ある一人の父がかけだし、

おっさんたちがみんな手を振ってました。

open.spotify.com

 

最後5:20秒ぐらいから松本さんの喋りが入ってたなんて今気づきました。

今200万枚以上売れるシングルってあるんでしょうか?

まさかこの曲が懐メロとして心にしみるなんて....

 

f:id:talbotbuy:20190516233759p:plain

 

さて....また機材の話に戻るのですが、

 

データを移動したりがほんとに面倒。Spotifyにつながればそれで十分です。

 

楽曲データを準備する必要があるDJシステムは

過去の遺産になってしまいました。traktor + traktor audio 2+  rane MP2016

f:id:talbotbuy:20190516232044p:plain

 traktor +  traktor  Z1  これも過去の遺産

f:id:talbotbuy:20190516232143p:plain

 

traktor S2traktor S4どちらも持ってましたが....

 

 今 reloop MIXTOUR + Djay  +Spotify  です。

f:id:talbotbuy:20190516232400j:plain

もうSpotifyとつながるだけでいいです。最高です。このシステム。

新しいdance musicは当然のようにspotifyでリリースされます。

 

 

Djayをフルパフォーマンスで使うならこの機材はほんとにおすすめです。

ReloopのMIXTOUR

これはまた次の機会に使い方ゆっくりと書きたいと思います。 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Reloop MIXTOUR
価格:20304円(税込、送料無料) (2019/5/17時点)

楽天で購入

f:id:talbotbuy:20190516233759p:plain

さて、SpotifyとDjayアプリがあれば機材なんていりません。

すぐDJできます。

 

とくにDJに興味ない方でも90年代の歌謡曲もこのソフトでautomixしてくれますし、至れり尽くせりです。

 

レコードを売却する前に頑張ってデジタル化したデータも家に埋もれています。せっかくMP3ではなくWAVデータの高音質にしたのに....

Spotifyにあればそれですんでしまう。

 

こんな時代が来るなら15年前の自分に言ってやりたかった......

「この辺の楽曲はストリーミングできるようになるからデータ残さなくていいよって.....」

情報革命がおきてからずいぶん立ちますが、クラウドの進化が、音楽データベースに直接アクセスしDJする時代がくるなんて思っても見なかった。

 

taraktorや serato DJを使ってましたが、昔からあるdjayがSpotifyとつながるなんて、

これにより全く別の次元に進化してしまいました。

 

興味ない方には全くな内容になってしまいましが、同じような方に届けばいいなーと書いてみました。是非ご参考ください。