talblo 良いもの+ひとりごと

talbot(3児の父です) です。  物を買うときにいろいろ調べてしまう事が、誰かのお役にたてれないか?という動機で始めたブログも、はや5年が経ちました。 今では たくさんの方に訪れて頂けるようになりました。ほんとに感謝です。このブログを通して、一人でも多くの方が良い商品に出会える事を願っております。 たまに関係のない事も書きますがご了承ください。

低音が録音できるマイクの付いたICレコーダーOLYMPUS LS-P4でいろいろ録比べてみました LS-10、MKE600

f:id:talbotbuy:20180609001044j:plain

 

 

また音聞かすんかい???

と突っ込まれそうですが.... スピーカーの話の流れでお付き合いください。

 

スピーカーの記事を書いたところ キットがほしいという方から多数メール頂き有難うございます。ほんとに嬉しい。パッシブラジエーターの長い穴加工ができるところがなく今あたっております。あとメープルは反りやすいのでの5mm厚も意外と難関。板厚のばらつきなどクリアーしないといけない問題も多数あり、なんとか着地できる方向を探してますので気長に待ってください。

 

加工費がかかるためどれぐらいのお値段になるかわからないのですが、今目指している所はスピーカーユニット2個とターミナル4個スピーカー内ケーブルも含め赤黒はんだ付け済み、材料穴あけ加工済み6面☓2セット スピーカー台足6本22.5度加工済み スピーカー台ベース2個 スピーカーケーブルつけて アンプとエポキシ接着剤はamazonで買ってもらうという感じで5000円から6000円(送料別)ぐらいを目指しています。制作マニュアルはブログで。 材料と加工費がどれ位収めれるかにもよるのですが、実現できるとよいのですが...

  

 

 

 

さて..... 

今日はICレコーダーの話です。

 

 

作ってみたスピーカーの感動をどうにかして伝えたいといろいろ試行錯誤してました。

先日のyoutubeの音は結局このシステムで録音しました。

 

f:id:talbotbuy:20180609001547j:plain

マイクとカメラを少し離して撮影したんですが、とてもフラットに録れてる。

youtuber 御用達のゼンハイザーのマイクMKE 600です。

動画編集ソフトでICレコーダーの音と変更しようかと思ったのですが、MKE600

低音以外はかなり出てる音に近い状態で録音できたためそのまま使用しました。

 

talbot oneの低音はMKE600でも録れなかった。

 

 

いつも使ってるICレコーダーが左のOLYMPUS LS-10

これ名機でほんとによく録れます。

f:id:talbotbuy:20180609001949j:plain

ただ一つ気になった新製品がありました。 それが右のOLYMPUS LS-P4です。

 

LS-10と同じぐらいの大きさだろうと思い購入してみたのですが、びっくり2/3ぐらいの大きさになっています。

LS-10では 素晴らしい臨場感で録音できるのですが、唯一の不満は低音が録音できない。

 

ほぼ今までのICレコーダーは野外フェスなどのウーハーや、 ドラムのバスドラなどの一番下の音域はごっそり抜けます。

ライブハウスや屋外フェスで録音されたことがある方だとおわかりかと思うのですが...

 

20代のころはNYのクラブに録音ができるMDウォークマンとコンデンサーマイクを持って突撃してました。高い飛行機代払ったんだからちょっとでも現地の音を持って帰りたいと...ホントはいけないんですが.... ま~当たり前ですがその当時のマイクだと全く低音が拾えてない。こんなICレコーダーなんてありませんでした。

 

右のOLYMPUSの新製品 なんと真ん中に3つ目の低音録音用のマイクがついてます。

f:id:talbotbuy:20180609002529j:plain

真ん中の3MICという文字が見えますでしょうか?

 

そうこのマイクがあるから購入しました。

 

マイク性能の理論値でいくと

OLYMPUS LS 10 マイク     70Hz〜20kHz 

OLYMPUS LS P4 マイク     20Hz〜20kHz

ゼンハイザー MKE600     40Hz〜20kHz

 

なのでゼンハイザーMKE600より低音が拾える

LS P4の20Hzから録音できるというのはかなりすごいことになります。

 

 

一つだけ気になったことは本体のコンパクト化に伴い

マイクサイズがかなり小さくなった。

f:id:talbotbuy:20180609003807j:plain

理論的には拾えるんだか実際どうなんだと.......

 

 

 

 

f:id:talbotbuy:20180607214421p:plain

実験してみました。

(スピーカーから40cm位離して録音しています。低音がわかりやすいように最後にダンスミュージック入ってます。)

 発売からずいぶん経ってるので、いつも新しいのに買えたいと思いつつなんだか綺麗に録れるLS-10 安定です。

 

 

  LS-10ほど高音域の気持ちよさはないが低音がしっかり録れている印象です。

 

 LS-P4ほど低音は録れていないですが高音域の気持ちよさものこした実にバランスのいい感じです。

 

 

 

 

 

結論から言えば臨場感が一番残るのが未だにLS-10です。ボーカルや高域ののびがすばらしい。

ヤフオクで見つけたらゲットです。

 

新製品のLS P4さすがの低音用マイクでバスドラの音を拾えています。

 

実際のtalbot oneの低音はこれぐらい出てます。 中高音はLS-10の音がかなり近い

LS P4の中高音はマイクが小さくなったせいか脳が感じるような音ではなくなってます。ツィーターがなくなったスピーカーと言うか....整理された美しい音ではあるのですが.... 高音域の広がりがまったくない.....

これはチューニングの問題なのか?マイク性能の問題なのか....

 

LS-10のように臨場感がありLS P4のように低音が録音できる小さなICレコーダーがあれば20年前の自分に渡してあげたい....

 

 

ゼンハイザーはどちらも中間。ものすごくまとまったマイク。

youtuberのみなさんが使うのがわかりました。 素晴らしいです。

 

talbot oneの録音にLS P4のマイクを期待したのですが、

結局ボツにしました。

 

ただ小ささや全体的な使い勝手、音のまとまり感は流石に新製品だけあってちゃんと作れらています。

f:id:talbotbuy:20180609005447j:plain

LS-10が単3 2本駆動なのに対して  単4 一本駆動です。すごい省エネ化。

 

f:id:talbotbuy:20180609005515j:plain

USBがスライドで出てきます。

 

こちらSDカードサイズが小さくなりマイクロSDになりました。

f:id:talbotbuy:20180609005538j:plain

あと圧倒的に軽い。

 

 

 

何かを録音したいときにどちらを持ち出すかというとLS P4に軍配が上がります。

 

なので甲乙つけがたいのですが、勝手な個人的理想をいうと

低音録音用のマイクが付いたLS-10がほしい。

 

低音録音用のマイクのデータだけが独立可能で 本体でもゲインコントロールができて あとで編集ソフトで低音成分だけレベル合わせれたら最高です。

 

OLYMPUSさんにはミッキーマウスのようなデザインになってしまうかもしれませんが、マイクは小さくせず本体を小さくしたものを出してほしい。

 

LS-10をお持ちの方は....

正直買い換える必要はないです。 素晴らしい。

あのサイズが重いというならあれですが....

 

 

ゼンハイザー MKE600 に関しては説明不要 ビデオマイクとすればあれ以上性能必要ないでしょう。強いて言えば40Hz〜20kHzではなく20Hz〜20kHzまで録音できるようにしてほしい... そんな感じです。

 

20kHz〜20kHzが美しく録音できる、小さなICレコーダーがほしいのですが、あとはtascamさんかなーと思いつつ調べたのですが、

マイク性能を公表してません。とても肝心な部分なのに.... line inでの周波数特性は公表してるのですが、ほしいのはそこではない....

 

DR-40やDR-100など気になってるので、またこれは調達して実験したいと思います。

 

普通の会話の録音などは確実にオーバースペックです。2-3000円も出せばサードパーティーのメーカーからいろんなの出てます。 amazonで検索してみると海外メーカーの格安タイプもいっぱいあり

今こんな事になってるんですね.... 

ic レコーダー 

 

ちなみにMKE600はamazonだと高いのでサウンドハウスで買われることおすすめします。

 AMAZON → MKE 600

 AMAZON → OLYMPUS LS-P4

 

 

長々とですがありがとうございました。