talblo 良いもの+ひとりごと

talbot(3児の父です) です。  物を買うときにいろいろ調べてしまう事が、誰かのお役にたてれないか?という動機で始めたブログも、はや5年が経ちました。 今では たくさんの方に訪れて頂けるようになりました。ほんとに感謝です。このブログを通して、一人でも多くの方が良い商品に出会える事を願っております。 たまに関係のない事も書きますがご了承ください。

amazonで買えるインテリア雑貨 マトリョーシカの起源って...

f:id:talbotbuy:20190204223732j:plain

 

今日は雑貨の話です。

実用品ばかり売っているamazonですが、たまにこれは!!というデザイン系の商品に出会うことがあります。

リーズナブルで使いやすい商品はたくさんあるのですが、

デザインが優れた雑貨は最も探すのが難しいジャンルなのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

そんな中気軽にプレゼントしても喜ばれそうなかわいい商品を見つけました。

 

それがこちら。

f:id:talbotbuy:20190204230134j:plain



 

最初のパッケージのビニールも可愛いのですが、

もう御察しの通り....

 

f:id:talbotbuy:20190204230212j:plain

f:id:talbotbuy:20190204230216j:plain

f:id:talbotbuy:20190204230222j:plain

f:id:talbotbuy:20190204230423j:plain

f:id:talbotbuy:20190204230231j:plain




そうマトリョーシカです。

マトリョーシカに柄が必要と誰が言ったのでしょうか?

無地 すごく良いです。 もしかしたら販売目的はこれをベースに何か塗装してくださいという趣旨なのかもしれませんが無地のほうが良い。

 

そんなマトリョーシカ ロシアが発祥の地と思いきや諸説があり、wikiの情報をまとめてみると

どうやら日本が関係しているらしい説もあるみたいです。

 

流行りだしたのは1900年のパリ万博で銅メダルを受賞したのを皮切りにロシア各地で広がります。

 

じゃあどこが発祥かというと大きく3つあり

 

●1890年半ばモスクワの郊外で作られた説

●19世紀末 箱根細工の七福神をロシアの修道士が持ち帰った説

●20世紀初頭 愛媛の郷土玩具の姫だるまを日露戦争で捕虜になったロシア兵が真似て作った説

 

3つ目は 流行りだしたパリ万博と日露戦争の時期が合わないから 有力なのは上2つ

 

2番めの箱根発祥は日本人が言ってるだけかと思いきや、モスクワに近セルギエフ・ポサードにある美術教育玩具博物館には箱根細工の七福神入れ子人形とマトリョーシカが合わせて展示されており日本から教わったとのキャプションがあるみたいです。

 

 

僕らが起源問題は デリケートな部分なのでこのままそっとしておきましょう。

ロシアかもしれないし、もしかしたら日本も関わってるかもしれない.....

白黒つけないほうがハッピーなこともあります。

 

マトリョーシカの事を調べて箱根が出てくるなんて思っても見ませんでした。

 

さて....

 

この子

 

f:id:talbotbuy:20190204230231j:plain

 

やっぱり素敵。

 

f:id:talbotbuy:20190204233630j:plain

羽目合わせも美しいです。

f:id:talbotbuy:20190204233712j:plain

 

手先が器用な方は色を塗られてもいいかもしれないですし、楽しみ方はたくさんあります。

ただ インテリアとして置くなら白木がおすすめです。 とにかくこの商品(セミョーノフスカヤ ロスピシ販売)はシルエット、佇まいが素晴らしいです。

 

 

 

お値段もリーズナブルなので是非ご参考ください。