talblo 良いもの+ひとりごと

talbot(2児の父です) です。  物を買うときにいろいろ調べてしまう事が、誰かのお役にたてれないか?という動機で始めたブログも、はや5年が経ちました。 今では たくさんの方に訪れて頂けるようになりました。ほんとに感謝です。このブログを通して、一人でも多くの方が良い商品に出会える事を願っております。 たまに関係のない事も書きますがご了承ください。

UNIQLOのアンクル丈デニムが使えます。

f:id:talbotbuy:20170514165644p:plain

 

段々気温が高くなって来ました。 

今日はズボンの話。

 

お腹をすぐくだしてしまう私ですが、

これだけ気温が上がってくると挑戦できることがあります。

 

そうアンクル丈

 

 

 

 

 

f:id:talbotbuy:20170514165747p:plain

UNIQLO HPより

ユニクロさんのHPでも絶賛宣伝中なのですが....

 

チノはわかります。

問題はジーンズ。 

 

リーバイスの501CTが好きでよく買うのですが、

これをアンクル丈にしてしまうと 夏しか着れない....

石田純一のような冬に裸足でもお腹が痛くならない強靭な体があると良いのですが..

25度以下で素足になろうものなら確実に下痢になります。

ファッションとは恐ろしいもので

最近の方は寒くてもアンクル丈だったり、

街で見かけると下痢にならないか?こっちが心配するのであります。

そんなおっさんでも、夏は違う。確実に夏に向かっている。

そうアンクル丈の季節です。

 

f:id:talbotbuy:20170514170044p:plain

話は戻しますが 501CT これをアンクル丈にするには切る必要があります。

ジーンズはそれなりに高いので ポンポン裾を切りたくない。

 

ロールアップして履く方法もありますが、裾少し切った上でロールアップしないとなんだか野暮ったくなります。

 

そんなアンクル丈のためのシルエットを実現したラインナップに

デニム素材を発見しました。

 

デニムのオンスもちょうどよく。夏にぴったりです。

 

シルエットはこんな感じ。

f:id:talbotbuy:20170514172438p:plain

履いて見たんですが、良すぎて2本買ってしまいました。

ジョガーパンツのようにウエストを絞る紐もついてます。 なのでベルトいらず。

 

167cmでSサイズでちょうどいい感じ。

f:id:talbotbuy:20170514172600p:plain

切らなくてもアンクル丈です。

 

おっさんにも優しい ウエストがゴム

f:id:talbotbuy:20170514173413p:plain

 

これで惜しみなく

夏アンクル丈です。

 

 

f:id:talbotbuy:20170514003119p:plain

今回はデニム素材ということでアンクル丈買いましたが、

少し色々思うことを書いて見たいと思います。

 

UNIQLOは2016年にロサンゼルスにデニムイノベーションセンターなるものを設立してます。

 

f:id:talbotbuy:20170514173757p:plain

UNIQLO HPより

 

 

今までUNIQLOジーンズは+Jぐらいしか買ったことがなかったのですが、

ここから生まれるUNIQLOジーンズにも期待ですね。

 

セルビッチジーンズまで発売してます。

f:id:talbotbuy:20170515105408p:plain

UNIQLO HPより

 

セルビッチとは裾を折り返すと出てくる白の部分なんですが、これは旧式の織り機でおられたデニムの特徴で、旧式の織り機でできる反物の幅が狭いからその耳が出ています。

 

UNIQLOはセルビッチデニムを3990円で売ってるわけですが、 昔のセルビッチデニムの風合いなどが再現されているわけではありません。この値段でセルビッチを再現すること自体すごいのですが....

 

おっさんたちは昔....綿糸 絹糸など縫い糸までこだわりました。

 

私なんか黄色の糸がかっこいいと綿糸のジーンズを高額で買ってました。

今考えたら 綿糸は その名の通り綿の糸なので絹糸より弱い。

そんなすぐ縫製がボロボロになるジーンスを高くで買っていたなんて...

恐ろしい話です。

 

さらにジーンズは奥が深く、

何かの本で読んだのですが、すそ上げのチェーンステッチでさえも、

アメリカのマエストロがやると 一見乱雑に見える縫い方のようですが履いたら裾が輪っか状になって決まるという裾ぬいもあります。

すそ上げのチェーンステッチが汚く文句を言ったら

お前はジーンズをわかっていないと言われたそうです。

 

もうここまでくればカオスですが.... 

 

別に昔を再現することもないのですが、UNIQLOの技術+せっかくのイノベーションセンターを活用して、+3000円の6990円ぐらいで

昔の織り機の風合いまであるリアルジーンズや

現代のエッセンスを入れたさらに良いものが 出てくれば

おっさんたちがホイホイ買うかもしれません。

 

おっさんたちはウンチクに弱いのでイノベーションセンター発のリアルジーンズ+スタリルブックなんかが店頭に置かれていたら 買ってみようかとなるでしょう。

絶対不可能と思いますが、個人的には 

イノベーションセンターが作ったリアルジーンズに

マークジェイコブスがプロデュースしたトップスが並んだ企画が出ると

全部買ってしまいそうです。

 

リアル店舗では高い製品の売れ行きが伸びないと思うので

ヘッドポーターのように小さなリアルジーンズの路面店があってもいいかもしれません。 

 

 

それにしてもジーンズだけはやっぱり不思議。

腰から下の衣料品の中で靴以外唯一骨董品としての価値がある。

 

一番身近ですが一番不思議な衣料品ですね。

 

果物でもないのにレギュラー入りしたコカコーラと

作業着なのに骨董価値があるジーンズを発明した

アメリカは偉大です。

 

話は大幅に脱線してしまいましたが、

気軽に履けるアンクル丈デニム

これからの季節におすすめなので是非お店に行って見てください。