読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talblo 良いもの+ひとりごと

AMAZONや楽天で買ってみて、実際に良かった商品やおすすめの商品を書いております。

音楽定額ストリーミングサービスについて思う事  - talblo radio -

APPLE 音楽配信サービス 音楽

 

f:id:talbotbuy:20170208172833p:plain

皆さんは音楽定額サービス使われていますか?

 

最近感じている事、音楽定額ストリーミングサービスの世界では、アーティストにとって、曲順の良いプレイリストに入ることが重要になるかも?

と思うことがあります。

 

現状アーティストが抱える問題点として、ネットで再生される楽曲に対しての収益徴収の難しさがあります。

 

一つ目として、

今まではセレクトした曲やmixをシェアするとなると、

mixcloudやsoundcloudを利用した、DJミックス等だと思うのですが、

購入に至らないとその曲を作ったアーティストに資金が還元されません。

 

これがかなり遠い。 

 

ただしDJのmixの場合、単曲ではなく、メインの曲、つなぎの曲、どんな曲もそのmixが終わるまで再生されます。

 

二つ目としてyoutube.....

その曲を紹介するという事でギブアンドテイクは行われているのですが....

聞いた事、見た事で満足してしまい、購入まで至らない状況がほとんどではないでしょうか?

知ってもらえたが、収益につながらない。 youtubeのジレンマです。

 

 

 

 

 

 この二つのポイントを改善する利点がAPPLE MUSIC、Spotifyなどの定額ストリーミングサービスにはあります。

 

そう、

再生されるとアーティストに支払いが生じます。

 

また、何度も再生されるプレイリストに入ってる曲は単体で力がなくとも

利益を生み出せるということになります。

 

なので定額ストリーミング時代のアーティストの収入は

SNSも含めいろんなwebサービス上で紹介され、

再生される事が重要になってきます。

 

このブログでもたまに音楽系のyoutubeを掲載してますが、APPLE MUSICやSpotifyのリンクを掲載した方がアーティストに還元される。

なのでできるだけリンクを変えようかと思います。

 

 

調べてみると、APPLE MUSIC、Spotify両方ともプレイリストが公開できるようになってました。

 

またおせっかいですが....

勝手にプレイリストで良い曲を応援しようと思います。

 

とは言っても、再生からアーティストに支払われる料金は

CD購入に比べてかなり少ないですが、

アメリカでのSpotifyなどの収益グラフを見ると 業界で見れば、

定額ストリーミングによる収入はCD全盛期まではいかないものの

今のCDより稼げるみたいです。

加入者が増えればアーティストに還元される率も改善されるかもなので

この辺良い方向に進むといいですね。

 

f:id:talbotbuy:20161118095050p:plain

talblo radio  について

 

そこで、

最近聞いてる曲のプレイリスト作って見ました。

APPLE MUSIC、 Spotify両方あります。

 

いい歳なので...

「俺 no music no life  !!!」

いうノリではないのですが...BGMとして使っていただければ幸いです。

 

おっさんが選曲する唯一の利点は、売れたい!という若い時にある甘酸っぱいのがとれ、ミュージックステーションのタモリさんのような一件冷ややかな客観視でアーティストと向き合えることでしょうか...

後いろんな曲を聴いてきたというビッグデータ(自称)もあります。

 

 

 

APPLE MUSIC派の方はこちら

後ほど説明しますが、APPLE MUSICで紹介したリストはAPPLE MUSIC加入者以外は無部分的にしか聞けません。 

 

Spotify派の方はこちら

こちらはSNSのようなフォロー機能があります。

お気軽にフォローください。

無料プランに入ると広告はたまに流れますが。曲を通しで聞けます。

 

無料プランでは残念ながら広告が流れを遮ります。

 

 

プレイリストの再現性も検証してみたくやってみたのですが、

残念ながら、Spotifyの方はAPPLE MUSICに比べて1曲見つけられませんでした。

なので(1曲少ない16曲)

Wasting Time / Day Wave だけありませんでした。

リリースのタイミングなのか契約なのか...

もしかすると、APPLE MUSICの方が楽曲が多いのかもしれません。

Spotifyには居るアーティストなのにその曲だけなかった。

 

ただし、Spotify

曲と曲の間に広告は入りますが、登録するだけで無料プランで全て聞けます。

この辺の攻防戦が吉と出るか楽しみです。

50パーセントぐらいが無料ユーザーなので、日本では後発Spotifyですが、ヤフオクとebayの戦いのように負けることはないかもしれません。

なぜならこうやって曲をシェアしやすいから。

 

APPLE MUSICをシェアしても加入者以外は部分的にしか視聴できません。シェアしがいがない。

実はこの機能差が 拡散にも影響するため、アーティストの利益を考えるとどちらが良いか一目瞭然。 明暗の分かれ目かもです。

 

ちなみにですがgoogle play musicで同じプレイリストを再現したところ、

やはりWasting Time / Day Waveだけなかった。 APPLE MUSIC先行とかそう言うのかもしれません。

ただどのサービスもこの辺の曲をほぼ揃えられる。 あとは邦楽をどこまでカバーするかが選ぶ要素になりそうです。

 

SpotifyはIKEA、H&Mと同じ、スウェーデンの企業です。それも2006年創業。

スウェーデンという国は恐ろしいです。人口もたった960万人。

北欧デザインに象徴されるように

考え方がシンプルな無駄を省いたデザインや文化が

インターフェースやビジネスモデルに影響しているように思えてならないです。

 

 

APPLE MUSICにご加入の方は普通に全て聞けます。

圧倒的にiPhoneが日本では有利なので、世界に比べて日本独自のアドバンテージはあります。

この辺のインターフェースの使い勝手がどこまでシェア拡大に影響するか見どころですが、いち早く無料プランを加えることと、シェアした時に曲がちょっとしか聴けない問題があるため、友達にいい曲を紹介したいからSpotifyでという状況が発生してしまい、さらに友達はシェアした曲を聴くためにSpotify無料プランに加入する。

若い方は一斉にSpotifyに流れることが予想されます。

 

音楽をじっくり聴きたい年配層は好きなアーティストも限られてくるため、CDやレコードなどに行きます。なのでapple musicがハイレゾで980円とかにならない限り、そんなに音楽聞かないし払いたくないとなります。

 

一方 若い人たちは拡散してシェアして、いろんな音楽を聴きたい。

APPLE MUSICは部分的にしかシェアできないし 高い....

 

つまりおっさんからも 若い人たちからも 利点がないものになってしまいます。

唯一itunesのプレイリストに慣れている、 iPhoneが普及しているという利点でしょうか。

一番音楽を聴く若い層を取り込めないのは結構致命的です。

 

なのでAPPLE MUSIC 無料プランとシェア問題を早く組み立てないと、

日本では一気にSpotifyになるでしょう。

このブログでもAPPLE MUSICのfor youやAリストの素晴らしさは伝えたのですが、こうやってサービスを使い比べると別の側面も見えてきました。

 

f:id:talbotbuy:20161118095050p:plain

 

音楽の趣味は人それぞれなので、

気に入っていただけると良いのですが...

定期的に3ヶ月に1回ぐらい? 更新していく予定です。

 

おっさんの選曲なのでスルーしてもらって結構ですが、

それより、アーティストに還元できる方をリンクに貼ろうということが

このブログを通して広がればと思っています。

itunesで購入する方が再生するよりもっと還元できるのですが、

定額ストリーミングが確実に主流になるため、itunesで購入されなくなるのは時間の問題です。

 

このブログでは

携帯では一番最後、webではサイドバーの一番下に置いておきます。

 

 

 

 

 

f:id:talbotbuy:20161118095050p:plain

だんだんと歳を重ねると音楽を聴く機会が減ってきますが、

定額ストリーミングサービスのおかげで前より聴くようになってきました。

 

さらに、いい曲に出会える機会が増えています。

A.I.がどれだけ機能しているか不明ですが、確実にビッグデータから精度のいい曲をセレクトしてます。

こちらはその中からさらに気になるものをブックマークしているのですが、今までスポットが当たらなかったアーティストが確実に可視化されています。

 

定額ストリーミングサービス+A.I.は音楽産業のロングテールに本当の意味で光を当て出したのかもしれません。

 

youtubeで誰かがアップして拡散されたものはアーティストが利益を出せないですが、APPLEMUSICやSpotifyで再生されたものからは確実にアーティスト、レーベルの収入になります。

 

もう一つ流れができるとしたらこの定額ストリーミングのプラットフォームに乗りたくない人たち(アーティストが)出てくることが予想されます。自分のサイトを立ち上げて曲を直に販売すればそれだけ圧倒的な利益が出せます。

ただ、この方法はよっぽどカリスマ性がないと落とし穴があり、定額サービスに入っていない楽曲はgoogleにいないホームページのようになってしまいます。

ユーザーがそもそもダウンロードして別アプリケーションで再生すると2重めんどくさを伴う作業になります。 iTunes時代はあったとしても、定額サービスが浸透すれば現実的ではないです。

 

再生回数を増やすという部分では、

SNSで一曲が拡散していくタイプもあるんですが、もう一つの側面が出てきます。

通しで聴きたくなるような良いアルバムは、何度も再生してしまう。

つまり曲順のいいプレイリストはアーティストにとって再生される機会を増やすことになります。

今まで選曲するという行為はアーティストにとって「紹介されました」という間接的な利益を生んだに過ぎないのですが、これからは気持ちの良いプレイリストに入れば何度も再生される機会を得れます。それがアーティストの直接的な収入になる。

単曲を拡散されて1回再生されるよりもよりも、プレイリストとして10回再生された方がアーティストの収入が増えます。 

なので今まで以上に曲順が重要になってきます。

talblo radioは通しで聞けるようにちょっと意識してみました。

スルメのような噛めば噛むほど味が出る

プレイリストになればと思います。

過去のレアグルーヴは散々やられているので

できる限りここ2-3年のリリースに絞ってあります。 

今の人たちに還元できればと...

  

 

youtubeによって起きた「それで満足してしまう問題」から解消され、

利益として還元されるとなるとシェアする方も、応援しがいがあります。

止められない音楽定額サービスの流れが

アーティストにも良い影響を与えるといいいですね。

 

 

 

少し古い記事ですが、こちらに定額サービスについて書かれていました。

定額制配信でアーティストは稼げるのか? – 音楽WEBメディア M-ON! MUSIC(エムオンミュージック)

 

   

 

 

f:id:talbotbuy:20161118095050p:plain

公開の仕方

 

ブログに貼り付けるの方法を簡単にですが、まとめてみました。

 

APPLE MUSICの場合

iTunesのソフトの中に公開したいプレイリストを作ります。

 

左の公開したいプレイリストを選び右上の青丸をクリック

f:id:talbotbuy:20170208163718p:plain

プレイリスト共有→リンクをコピー

f:id:talbotbuy:20170208171319p:plain

そうするとリンクがコピーされるので 

このサイトに行ってください。

 

Apple Music Toolbox

Apple Music - Toolbox

 

 

f:id:talbotbuy:20170208164018p:plain

Search Apple Musicのところにそのままペーストしましょう。

 

f:id:talbotbuy:20170208164529p:plain

そうすると

Embed Codeのところにリンクが出てきます。 (写真は消してます。) それをブログに貼り付けるだけ。

 

表示させたい高さとサイズを変更できるのでみてみてください。

 

iTunesアフィリエイトに登録している人は、赤字のAdd Campaign Tokenにアフィリエイトトークンを入れてください。楽曲が購入されるわけではないので、紹介者に対してのマネタイズはよくわからなかったのですが、一応そういう事もできるみたいです。曲単位ではなく多分APPLE MUSICに加入して無料期間を過ぎた場合に課金されると思うのですが、この辺に興味ある方は調べてみてください。

 

f:id:talbotbuy:20161118095050p:plain

携帯の場合

携帯の場合も同じく。 紹介したいプレイリストの赤丸を押します。

f:id:talbotbuy:20170208170600p:plain

出てくる画面のプレイリストを共有をクリック

f:id:talbotbuy:20170208170643p:plain

次にコピーをクリック

f:id:talbotbuy:20170208170712p:plain

 

あとはまたこちらのサイトに貼り付けです。

Apple Music Toolbox

Apple Music - Toolbox

 

f:id:talbotbuy:20161118095050p:plain

Spotifyの場合

プレイリストの中の

f:id:talbotbuy:20170209160521p:plain

 

このマークをクリック

f:id:talbotbuy:20170209160535p:plain

埋め込みコードをコピーです。

<iframe src="https://embed.spotify.com/?uri=spotify%3A------------------------------A----oMy5F----------" width="300" height="380" frameborder="0" allowtransparency="true"></iframe>

 

 

iframeで囲まれたテキストをそのままブログなどにHTMLで貼り付けてください。width="300" height="380" を調整する事で好きなサイズに変更可能です。

 

 


follow us in feedly inoreader

Instagram