読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talblo 良いもの+ひとりごと

talbot(2児の父です) です。  物を買うときにいろいろ調べてしまう事が、誰かのお役にたてれないか?という動機で始めたブログも、はや5年が経ちました。 今では たくさんの方に訪れて頂けるようになりました。ほんとに感謝です。このブログを通して、一人でも多くの方が良い商品に出会える事を願っております。 たまに関係のない事も書きますがご了承ください。

やっときた iPhone 7 plus

f:id:talbotbuy:20161004140236p:plain

もうiPhone 7のレビューを読むのはうんざりだという方...

ごめんなさい。

 

あちらこちらでレビューなので...

であえて書く必要もないんですが、

iPhoneたすき掛け+巻き巻きイヤフォンケース(少数派)の私としては

問題が発生してまして、いろいろ共有させていただければと思いました。

ニュースを読んでみますと、普通サイズから大きいplusに変更されるかと多数と聞いています。ならばこの問題は多少なりともお役に立てるかもと考えています。

 

巨大なiPhone plusシリーズを肌身離さずたすき掛けで持つ方法はここに書いてありますので、興味ある方は是非読んでみてください。

 

 

f:id:talbotbuy:20160909133147p:plain

予約開始の4時にすぐにオンラインストアで予約したのに、これまた時間がかかりました。 今日ようやくsoftbankから入荷の連絡が....

 

そう問題のiPhone 7 plusの方です。

 

7の方は色によっては手に入るんですが、7 Plus 本当に入荷ないみたいです。

 

今日10/4日時点ですが、品川の某所のsoftbankでplusに関しては私が受け取り1番目なので、本当に入荷が少ないんだと思います。

 

twitter見てみるとちらほら受け取り在庫出てきてるみたいなので、

今日ぐらいから状況変わるといいですね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:talbotbuy:20160909133147p:plain

さて....

plusはでかくて、男子のポケットに入らないという大問題があります。

今回からカメラ性能に惹かれてplusにサイズupされた方には同じ問題が起こることが予想されます。

女性はバッグですが、男性はポケットに入れることが多い。

plusになるとポケットの許容量を超えてきます。

 

このブログを読んでいただいている方ならたすき掛けで持つために、netsuke +忍者ストラップで携帯を使っているのは何度か紹介させていただいていたのですが.....

次はplusではなくポケットに入る7にしようと心に決めていました。

f:id:talbotbuy:20161004141218p:plain

f:id:talbotbuy:20141121215113j:plain

 

 

なのに、Appleの発表を見ると....

plusにカメラ2つ付いている!!!

なんじゃー!!!

 

一眼レフのようにボケが出せるではありませんか?

携帯カメラでボケた写真を撮る方法はこのブログでも格闘しました。

 

そんなスマホが出るならplusしか選択肢はありません。

 

7を選んでコンパクトに持とうと思っていた心はどこかに吹っ飛びました。

 

 

次の問題。7 plusになるとまたnetsukeが必要です。

たすき掛けするためです。 さらにカメラ性能がいいので、

コンパクトカメラをたすき掛けしていると思えば

機動性が上がるストラップは7には重要な要素となります。

 

f:id:talbotbuy:20161004141218p:plain

 

これまた厄介な問題が出てきてまして、今度のiPhone 7は防水。

何が問題かというと、

防水機能がある商品のネジを外すということは企業としては急にハードルが上がった。 

そう現時点でiPhone 7用のnetsukeが販売されていないんです。 

 

nestukeを製造しているpodditisさんがどのような商品を出すか非常に気になりますが、 これまたアナウンスがないため様子見です。

 

 個人的にはiphone 6のnetsukeを ねじ止め剤を塗って流用すれば、防水もいける!と思ってるんですが、防水は見えない部分も多く、自分で改造せずに、メーカーからの発表を待ちたいと思います。

似たような商品が出ていますが、やはりここはこれを考えられた開発元をリスペクトしてるのでpodditisさんから買いたいところ。

 

 今回のiPhoneはみなさん小さいやつからplusに乗り換える方多数と聞いています。

ますますnetsukeのような製品は必要だと思うのですが.....

 

楽しみに待ちましょう。

 

netsukeに付けれる、diagnlのninja strapは名品です。これを超えるものにまだ出会ってません。netsukeを使用しなくとも、ケースに何らか取り付けできそうな人は是非検討してみてください。

長さが一瞬にして変更可能です。

 

 

f:id:talbotbuy:20160909133147p:plain

 

あともう一つ問題が。

これぐるぐる。

f:id:talbotbuy:20161004142652p:plain

両耳で打ち合わせなどしたいがために、すぐにイヤフォンが取り出せるようにしてました。このケースもドイツのathos-cから6plus用が出ないので、どこかが発売したコピー商品です。↓

ディープなyahoo ショッピング で買ったイヤフォン巻取りできる iPhone ケース - talblo 良いもの+ひとりごと

 

しかし今回はAppleとうとう理想的なもの発売してくれます。

そうAir Pod (10月下旬発売)

f:id:talbotbuy:20161004143242p:plain

 

やっとこれで イヤフォン巻き巻きケースからも旅立つことができます。

欲を言うと、これがケースに刺さっていて、抜くと接続されるというのが理想です。そんなケースがあったら絶対買うのですが...

ankerさんやっていただけないでしょうか?

 

 

なので冒頭の写真になりますが、今回は純正ケースを用意しました。

f:id:talbotbuy:20161004140236p:plain

 

カメラのテストなどはまた次の機会に記載させていただくとして、

開封時に用意できたものを取り付けていくことにします。

 

 

実際見たマットブラックは本当に美しいです。指紋つきません。

もしジェットブラックとブラック迷われているならブラックお勧めします。

f:id:talbotbuy:20161004143844p:plain

 

画面も波です。

f:id:talbotbuy:20161004144114p:plain

ホームボタンを押すと、ぶるっと震えます。

これが優秀で物理的なホームボタンを押したみたいな気になれます。

 

下の電源部周りを見てみると ネジのピッチが同じようなので、

netsuke iPhone 6用が流用できそうです。

パッキン付きなど不思議なネジでなければいいのですが...

下 iPhone6 plus  上 iPhone 7 plus

f:id:talbotbuy:20161004144211p:plain

 

さて.. まず最初にやることとしては画面のガラス張り。

今回は、ANKERさんのものを使用させていただきます。

 

これ

f:id:talbotbuy:20161004144344p:plain

なんだかゴージャスです。

 

 

 

amazonでも一番売れてるため、

間違いないかと思います。

 

 

f:id:talbotbuy:20161004144416p:plain

中にガラスが入っています。

f:id:talbotbuy:20161004144510p:plain

フィルムを貼られている皆さんには、ガラスをお勧めします。

後ほど説明しますがラウンドまで巻き込んでいない普通のタイプです。

 

 

シールが付いてます。 これは画期的かも

f:id:talbotbuy:20161004144706p:plain

 

これは便利!!! 位置合わせ簡単です。

f:id:talbotbuy:20161004144806p:plain

シールで埃を完全に取り、ガラス面についているシールを剥がしてそっと乗せていきます。

 

f:id:talbotbuy:20161004144927p:plain

一部このように気泡が入ったのですが、数時間後取れていきます。

ゴミに対しての気泡でない限り心配いりません。

とにかくごみは完全に除去してください。

 

この作業は画面が綺麗な最初にやっておくととても楽です。

 

 

 

 

 

 

f:id:talbotbuy:20160909133147p:plain

 

次ケース。純正は久しぶりじゃないでしょうか?

もう色が最高で一目惚れです。 Air Podが発売されるため、巻き巻きケースにこだわる必要がなくなりました。

f:id:talbotbuy:20161004145220p:plain

 

なんか純正品のクオリティーはぶっ飛んでます。

f:id:talbotbuy:20161004145749p:plain

開けると革の匂い。

革なので携帯をお風呂に持って行く人はこのケースは無理かもです。

 

ボタン類がすべてメタリックです。品があります。

f:id:talbotbuy:20161004145843p:plain

自社製品を優しく包むためでしょうか? 裏地まで素晴らしい。

f:id:talbotbuy:20161004145928p:plain

純正品の底力を見ました。

 

はめてみました。

f:id:talbotbuy:20161004150033p:plain

めちゃいい。

 

中身をちょっと出してみます。

f:id:talbotbuy:20161004150139p:plain

おきまりのステッカーも入っています。 これはいつまで続けるんでしょうか?

多分世界で一番配られているステッカーです。

 

こちら付属品。

f:id:talbotbuy:20161004150304p:plain

おきまりなんですが.....

 

やっぱりこれを見ると...

f:id:talbotbuy:20161004150347p:plain

時代の流れを感じます。

ケーブルの質もマットから半ツヤに変更されています。 汚れはつきにくくなってるはずです。

 

過去の時代との接続はこの裏面に....

f:id:talbotbuy:20161004150436p:plain

今このケーブルを挟むと音が悪くなると不満が出てきてるみたいです。

聴き比べてみましたがiphone付属のイヤフォンではそんなにかわらなかったです。

多分ハイエンドヘッドフォンの話だと思います。

 

 

表面保護のガラスなんですが、サイドのラウンド部分を囲むタイプと迷いました。

ただ今回出した結論はこの写真。

f:id:talbotbuy:20161004150627p:plain

純正ケースだと、iphoneのラウンド部分をかなり保護してくれています。

ラウンド部分までカバーするガラスだと、純正ケースが入らない可能性があるためご注意ください。

 

ラウンドをカバーする対処をしないと、こんな感じになります。

f:id:talbotbuy:20161004150859p:plain

角が何かにぶつかり端がかけていきます。 本体のガラスは全く問題ないのですが、これが唯一ガラスタイプの欠点です。

 

f:id:talbotbuy:20160909133147p:plain

 

何で今回は最初から用意周到にケースを準備していたかというと、前回のiPhone 6 plusの時に

手に入れた初日に「やったーなんか写真撮ろう!」と手が滑って落としましたw それが最初で最後の傷です。

浮かれているとろくなことにならないです。

 

あとはnetsuke これが対応してくれないとかなり困ります。

iPhone 7 から画面のお大きいplusになった方には必要な方も多いはず。

iPhone 7用がアナウンスされるといいですね。

 

カメラなどはまた後日いろいろ書きたいと思います。

 

購入料金比較は是非こちらの記事も...

AppleストアでSIMフリーのiPhone7買うのか?Softbankで機種変するのか?Line SIM含めてどちらがお得か計算してみました。 - talblo 良いもの+ひとりごと