talblo 良いもの+ひとりごと

talbot(2児の父です) です。  物を買うときにいろいろ調べてしまう事が、誰かのお役にたてれないか?という動機で始めたブログも、はや5年が経ちました。 今では たくさんの方に訪れて頂けるようになりました。ほんとに感謝です。このブログを通して、一人でも多くの方が良い商品に出会える事を願っております。 たまに関係のない事も書きますがご了承ください。

ガソリン携行缶のすすめ

熊本の地震、余震も続いていますが、

まだまだ気が抜けない状態が続いています。

少しでも早く安心できる状況になる事を願っております。

 

阪神大震災を神戸で経験したので、

震災後どうなるか予想ができるのですが、

その中でも特に盲点なのがガソリン。

 

電気が止まった中で発電機の役目をするのが実は車になるんです。

 

なのでガソリンはいろんな意味でのライフラインになります。

 

前の東日本大震災の時も奥さんの実家が向こうなので

何が起こったかというと、

ガソリンを入れる車の行列。

 

車でガソリンをもらいに行こうとすると、

3-4時間待ちになったそうです。

なのにそんなに待たなくても

ガソリンをもらえる方法がありました。

それは手持ちのガソリン携行缶にガソリンを入れてもらう。

 

圧倒的に手持ちのガソリン携行缶に入れてもらった方が

災害時にある程度の決められた分量を

みんなで早くシェアできるわけです。

 

緊急時はがれきの除去や人命救助など本当に必要な人たちが

道を使う必要があります。

なので

ガソリンを入れるために渋滞を作るよりも、

ガソリン携行缶を非常時に持っている世帯が増えると、

渋滞を起こさずシェアできるのにと.....

 

東京での地震を想定すると、車を持つ世帯がガソリンをもらいに移動するだけで

大渋滞が予想されます。

ガソリン携行缶があれば一人がまとめてみんなの分をもらいに行く

事だって考えられます。

 

震災の多い日本では

今後こういう事が

広まるといいなーと思います。