読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talblo 良いもの+ひとりごと

talbot(2児の父です) です。  物を買うときにいろいろ調べてしまう事が、誰かのお役にたてれないか?という動機で始めたブログも、はや5年が経ちました。 今では たくさんの方に訪れて頂けるようになりました。ほんとに感謝です。このブログを通して、一人でも多くの方が良い商品に出会える事を願っております。 たまに関係のない事も書きますがご了承ください。

モビールのススメ。

だんだん暑くなって来ました。

梅雨が始まり、開けるともう夏です。

 

そんな夏に向けてというか、

お部屋に風を感じるアイテムがひとつあるだけで

なんだか癒してくれます。

 

眺めているだけで時間が止まるようなそんなアイテム。

それがモビールです。

 

 

 

 

なぜモビールが一般に浸透しないか考えてみました。

インテリアショップに行ってもモビールあまり見かけません。

 

あったとしても

奇をてらったデザインが多く、

どうも子供っぽい。

 

なので敬遠されていた方多いんじゃないでしょうか?

イラストレーターのイラストや

キャラクターが形どられたものばかりです。

 

そんな中、佇まいがよく、室内の風に動き、

照明を当てることで壁に影を落としてくれる。

そんな素敵なモビールがあります。

 

家でのお気に入りは

shigeki fujishiro designのモビール

少しお値段がしますが、買って大満足。fujishiroさんが一つ一つ手作りで作られていて、色 形 佇まい 全てにおいて満足です。

 

ロットナンバー入りなので、なんだかありがたい気分になります。

我が家は3歳の男の子がジャンプしても届かないところに飾っています。

 

 

 

こちらは横長の フレームスA 

 

shigeki fujishiroさんのデザインがいいのは、まったく奇をてらっていない。

ただの直方体です。

しかしバランスが考えぬかれています。

デザイナーのエゴが全く空間に出てこない素晴らしい作品です。

 

 

絵も飾ることはできますが、時間やその空間を感じながら刻々と変化するモビールは

アート作品を飾るだけにない深みがあります。

とてもありがたい

買い物になるんじゃないでしょうか? 

 

 

もう一つはただの四角ではなく

少し変形させた、モビールです、

tempo さんの 09 perspectiveです。

デザイナーはmother toolさん

これもデザインデザインしていないので、とても素敵。 

 

 

 

 

デザインを見せるのではなく

モビールは空間の瞬間を切り取って見せてくれるような方がいい、

なのでこんなシンプルなモノのほうが好きです。

 

是非ご参考にしてください。

 

 

モビールの鯉のぼりなので 

時期はすっかり過ぎてしまいましたが、昔書いた

江戸モビールのお話はこちら

www.talblo.com