talblo 良いもの+ひとりごと

talbot(2児の父です) です。  物を買うときにいろいろ調べてしまう事が、誰かのお役にたてれないか?という動機で始めたブログも、はや5年が経ちました。 今では たくさんの方に訪れて頂けるようになりました。ほんとに感謝です。このブログを通して、一人でも多くの方が良い商品に出会える事を願っております。 たまに関係のない事も書きますがご了承ください。

iPhoneに最適なBluetoothヘッドセットを探す旅 4/6 SONY MDR-EX31 BN 編

f:id:talbotbuy:20141101231649j:plain

皆様お付き合いありがとうございます。

最初1ページでまとめるつもりがBluetooth奥が深すぎました。

いよいよ価格comで評価の高い

SONY MDR-EX31 BN

のレビューをしたいと思います。

 

 

 

 

この商品

価格comのプロダクトアワード金賞なのでかなり期待です。

f:id:talbotbuy:20141109003934p:plain

たしかに現在も価格com1位です。 (2014/11/9時点)

ヘッドフォンが付属なのですこし高め、このヘッドフォンもすこし特殊で、

ノイズキャンセリングのためのマイクがヘッドフォンについています。

これは声を拾うものではないので、apple純正ヘッドフォンをこの機械に挿すと、

ノイズキャンセリングの恩恵は受けられません。

 

重さといいますと、

f:id:talbotbuy:20141109001702j:plain

20.5g 軽い。

elecomより5g程軽いです。 ただ5gはほとんどわかりません。w

 

f:id:talbotbuy:20141109000958j:plain

電源はエレコムと違いこの真中のボタンです。

スイッチを入れるとすこし音程が高い音で起動音。消すときは同じボタンですこし低い音でシャットダウンできます。

Bluetoothとの接続もこのボタンなので、電源だけは別にして欲しかったです。 使いにくいということはなかったです。

サイドにはスキップのスイッチとボリューム、ノイズキャンセリングON OFFスイッチがあります。OFFにするとバッテリー使用量が伸びます。

接続は問題なくELECOMと同じように出来ます。ほんの少しですが、こちらのほうが電波が弱いかもなのですが、普通の使用では、全くわからないと思います。

あくまで何mか離れてみるなど過酷な条件にもっていった時に差がでました。

 

f:id:talbotbuy:20141109001018j:plain

反対側のサイドは充電コネクタとリセットボタンの穴のみ

裏面のクリップ部分にもelecomのようなBluetooth接続ボタンはないです。

 

f:id:talbotbuy:20141109001042j:plain

付属のヘッドフォンは長さがちょうどいいです。

Bluetooth機器にApple純正ヘッドフォンはすこし長過ぎるのでこれぐらいがちょうどいい。

f:id:talbotbuy:20141109001103j:plain

ノイズキャンセリング用のマイクが見えます。

 

肝心のバッテリー性能は

音楽再生 9時間(ノイズキャンセリングあり) 10.5時間(ノイズキャンセリングなし)

通話 6.5時間(ノイズキャンセリングあり) 7.5時間(ノイズキャンセリングなし)

待機 30時間(ノイズキャンセリングあり) 100時間(ノイズキャンセリングなし)

ノイズキャンセリングあり なし で大きく時間が変るのですが、

ノイズキャンセルなしの状態でELECOMが3日とすると実質1.5〜2日位な感じです。

ELECOMぐらい持てば最高なのに、少し短いかなーという印象です。

あとELECOMと違って、充電しながら電話できない。 これは非常に残念な仕様です。

 

 

ではでは肝心の音はと言いますと....

まず音楽 

正直いい音です。ただ...elecomに比べ痩せて繊細な感じ。

ソニーサウンドではあるのですが、ELECOMのような安心した太さがありません。

ただし質はソニークオリティーです。

ELECOMの場合は全く遜色なく聞こえる感じが、すこしBluetoothだねという感じに聞こえます。

これはAplee純正ヘッドフォンを挿してみても同様の結果でした。

やはりELECOMのアンプが効いています。

評価は難しいんですが Apple純正ヘッドフォンが100とすると

これの音質は95+音の繊細さといったところでしょうか?

 

さて、電話の音質はどうでしょうか?

.......

Apple純正ヘッドフォンが 100 とすると

 電話品質 90 LINE通話 品質 80

マイクの品質はエレコムよりは良く80ぐらいでしょうか?

 

.......

マイクがELECOMより大分いい感じなんですが、やっぱり純正ヘッドフォンがステレオだとすると

完全なモノラルのように聞こえます。 実際音声はモノラルなので、それぐらい臨場感に差があるということです。ELECOMと同様LINE通話のほうがBluetoothのあらが出ます。

ほんと、 HFP1.6規格 問題児です。

SONY技術をもってもやはり、電話 LINE通話 音質は納得がいく結果ではなかったです。

HFP1.6とHD VOICEの関係がいまいち?なのですが、HD VOICEに対応しているヘッドセットならもしかしたらHFP1.6でも美しい通話が可能かもなのですが、規格というのは難しいものですね。

 

この製品の売れている理由はノイズキャンセリング。

これはほんとに素晴らしいです。 電車の中で通勤されるなら、音質差どうのこうの言うより、

このノイズキャンセリングが圧倒的に聞いてきます。音楽に集中できるというか。

 

友人と電話していてもELECOMで話している時よりも明らかに声がよく聞こえるみたいです。ただし、Apple純正ヘッドフォンをさしたところ絶対こっち。と言われてしまいました。

友人曰くマイクの声の聞こえやすさはAPPLE 純正100  SONY 80 ELECOM 60 ぐらい違うそうです。是非ご参考に。

今の時点で評価すると

音楽をメインに聞く人 → ELECOM LBT PAR 500

通勤で音楽を聞く、通話も良くする人 →SONY MDR EX31BN

という感じでしょうか?

SONYの良い点はやはりノイズキャンセリングと、使いやすいヘッドフォンの長さです。

ELECOMの方は音楽再生性能だけで考えるとほんとに素晴らしい商品です。ただし、

マイクが悪すぎる.......

SONYはその辺そつなくバランスよく抑えています。

SONYの音が決して悪いというわけではないです。ELECOMが頑張りすぎています。

そんな感じです。

 

さて 次はとうとうアメリカで一番売れているヘッドセット LG TONE HBS 730 についてお話したいと思います。

 

 

SONY MDR-EX31 BN