読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talblo 良いもの+ひとりごと

talbot(2児の父です) です。  物を買うときにいろいろ調べてしまう事が、誰かのお役にたてれないか?という動機で始めたブログも、はや5年が経ちました。 今では たくさんの方に訪れて頂けるようになりました。ほんとに感謝です。このブログを通して、一人でも多くの方が良い商品に出会える事を願っております。 たまに関係のない事も書きますがご了承ください。

iPhoneに最適なBluetoothヘッドセットを探す旅 1/6

パソコン iPhone・スマートフォン bluetooth

f:id:talbotbuy:20141101231649j:plain

iPhone 6 Plusがやってきてはや一月が経とうとしています。

私の友達での状況は携帯をポケットに入れていた人はplusの大きさに後悔している人がいる中、いつもカバンに携帯を入れている女性陣にはplusは苦にならないような傾向です。

ポケットに入るということが大きなメリットなのか...別に...なのか...

どちらを選ばれるかの境界線のような気がしてきました。

 

 

 

 

iPhone 6 Plusを持つと、まず最初に欲しくなる物があります。

それがbluetoothヘッドセット(ヘッドフォン)です。

何故か?

 

携帯がポケットにはいりません。

コード付き純正イヤフォンだと、

ケータイの置き場に困ったり、

イヤフォンしているのを忘れ移動して、

机から落としてしまったりします。

その度に線がなかったら...

と言うような気持ちになってしまうのです。

 

しかし、

Bluetoothヘッドセットには嫌な思い出が...

何度かblootuth ヘッドセットを買って、iphoneにつなげてきましたが、いろんな問題で挫折しました。

音質が悪かったり、Bluetoothがつながらなかったり….

音楽を聴くというだけならまだしも、電話をとるという行為がかなりハードルをあげます。

いろんなBluetoothのヘッドセットのレビューを見ても音楽を聞くための接続のapt-XやACCという規格ばかりにフォーカスされています。電話の音質や、マイクの性能について書かれたレビューはほとんど見当たりません。それが1番知りたいのに。

幸い、新技術のapt-XやACCのおかがで、

音楽を聞く、転送するという部分では、

有線接続とあまり変わらなくなってきました。

 

しかし、いざ高音質のBluetooth ヘッドセットで電話の通話をしてみるとあれ?

なにこれ? 音が聞き取りにくい、臨場感がないなど、明らかに発展途上なのです。

 

世の中はBluetoothヘッドセットを音楽を聞くためにどんどん開発し、

電話の通話品質やマイクの性能は後回しにしている感じがあります。

そんな状況の中でもiPhone plusは切実に、Bluetoothヘッドセットが必要です。

 

純正ヘッドセットが1番ですが、コードがないBluetooth

なにかいい出会いがないかとまた調べだしました。

それがこの旅の始まりです。w

 

最初に考えたことがアメリカ人はどうしているんだろう?

あんなに合理的な国の人々がiPhone に有線接続されたコードに黙っているわけはないと、NYの地下鉄で絡まったiPhoneのコードにイライラしている様子が目に浮かびます。w

そこでamazon.comで一番売れているBluetoothヘッドセットを調べてみました。

 

すると意外な結果が.....

f:id:talbotbuy:20141101224338p:plain

LG TONE HBS-730です。

なんですかこれ?

見たことない形。

なかなか日本の家電量販店では見ることが出来ないLG製品です。

最近ではようやく液晶TVで見るようになりましたが、アメリカではLG、Samsungはとんでもない勢力です。

日本ではsony、パナソニック、東芝シャープなどに育ててもらったということがあり、量販店にはなかなか置かれていないのですが、LG USAのサイトを見てみると、日本の家電量販店では見たこともないようなTVのオンパレード。

Home Electronics: Explore LG Televisions, Audio and Video Devices | LG USA

たしかにSONYがあやういのも納得できます。圧倒的にカッコ良い。

すこし話は脱線しましたが、

この首にかけるBluetooth ヘッドセット LG TONEシリーズはアメリカでも大ヒット商品です。その中でもこのHBS-730は価格と性能のバランスがとれているみたいです。

首にかけることにより、ヘッドフォン部分をぶらーと下に垂らしておくことも可能ですし、さらにバッテリー容量を大きくしても首に荷重がかかるだけで耳に負担がかからない。

さすがの合理性が詰まったヘッドセットです。

とにかく1番の利点はラインが短いためヘッドフォン部分が絡まらないということです。

さすがだなーとアメリカで売れているものに、みょうーに納得させられました。

 

 

うん。これは試してみる価値ありと....この話にはオチがあるのですが、

とりあえずサイトで一つ注文しました。 

レビューは後ほど書かせてもらうことにします。

 

とはいっても到着までに時間がかかります、

じゃあ日本で売れていいいものがないか?

と探したところこの2たつが候補に上がりました。

一つ目、

ELECOM LBT-PAR500AV

これはBluetoothレシーバーという商品で、いつも使用しているヘッドフォンをBluetoothにできるすぐれものです。つまり、apple純正イヤフォンをいかせる。

さらにアンプ内蔵で音にも期待できます。慣れた音質がそのままBluetoothになれば期待大です。

何が決めてかというと、価格comで一番売れてみんなが絶賛しているBluetoothレシーバー試してみる手はないです。

 

2つ目

SONY MDR-EX31 BN

これは泣く子も黙る価格com 2013年プロダクトアワード金賞です。金賞を取る商品というのは突出して何らかの評価をされないと、取れない商品です。さらにノイズキャンセリングもついています。もちろん価格comで一番売れているヘッドセットがこの商品になります。

 

アメリカで一番売れている商品(LG TONE)をポチったものの、これは全部ためさずにはいられない。今回取り上げた3商品、日米売れているモノ対決です。

どの商品が手元に残るのか、全部いらないということになるのか...

実験してみることにしました。

 

つづく.....

 

 

   

 

 


follow us in feedly inoreader

Instagram