talblo 良いもの+ひとりごと

talbot(2児の父です) です。  物を買うときにいろいろ調べてしまう事が、誰かのお役にたてれないか?という動機で始めたブログも、はや5年が経ちました。 今では たくさんの方に訪れて頂けるようになりました。ほんとに感謝です。このブログを通して、一人でも多くの方が良い商品に出会える事を願っております。 たまに関係のない事も書きますがご了承ください。

携帯バッテリーの第2世代がきています。

久しぶりに携帯のバッテリーの話をしたいと思います。

昔っから使っているバッテリーはこの2つ。

cheeroの10000mAh

とeneloop 5000mAh

 

f:id:talbotbuy:20140929234151j:plain

左はダンボーモデルとして今も発売されております。

右はeneloop自体もう化石状態。

1日外にでるときは右の5000mAhの容量が軽くて持ち出しやすくて重宝しておりました。 2000mAhぐらいの容量のものになると、充電できなかったり、50%だったり、実に頼りない。

10000mAhになると、持ち出すのが億劫になってしまいます。

5000mAhあればiPhoneとwimaxルーターはなんとか一回ずつ充電できます。

これが保険機能としてはちょうどよいサイズでした。

 

 

 

 

しかし最近お気に入りのeneloopがヘタってきました。あたりまえですが、よく持ったと思います。さすがeneloopブランド。

でこのへんの良い物を探そうといろいろ調べておりました。

 

ANKER Astro 第2世代モバイルバッテリーです。

これ買ってみて使っているんですが.....

買ったのは緑。まー軽い。

f:id:talbotbuy:20140929235848j:plain

なんというかこんなにもバッテリー進化するのかと..

何処が第2世代かというと、バッテリー自体がとても賢くて、

つないだ製品のバッテリー状況をしらべ、このタイプならこれぐらいの充電が最適と、電流を最適な値にコントロールして充電します。

f:id:talbotbuy:20140930000002j:plain

これはANKER独自のpower IQというテクノロジーで、よくある普通の技術にかっこ良く名前をつけた感じかなーと思っていたところ、

他の携帯バッテリーに比べ充電が安定+圧倒的に早いです。

これにはびっくりしました。

純正充電器と変わらない急速充電が、外部の充電器で可能になります。

 

あともう一つびっくり。

バッテリーを振ると残量がわかります。

f:id:talbotbuy:20140930000118j:plain

このようにくるりと光の輪を書きます。

これが充電中にも表示されて、どれぐらい充電されたのかも分かります。

素晴らしすぎです。

 

 

amazonではAstro Mシリーズばかり注目を集めていますが、これはまさにそれの第2世代です。

 

今から買うなら絶対こっちをお勧めします。

ANKERというブランドはみなさん安すぎて中国ブランドと誤解を招いている可能性があるんですが、 出発点はGoogle社員数名で創業された企業です。

当初のミッションは

「お客様の生活をより便利に、快適にする製品を、信頼できる品質・お求めやすい価格で提供させて頂くことです。」

男前ですね。

なので製品は安くて内容もしっかりしている、とんでもなく質の高い会社なんです。

 このバッテリー135gしかないので奥様にも是非。

ちなみに写真は全てiPhone6 plusのカメラで撮影してみました