読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talblo 良いもの+ひとりごと

talbot(2児の父です) です。  物を買うときにいろいろ調べてしまう事が、誰かのお役にたてれないか?という動機で始めたブログも、はや5年が経ちました。 今では たくさんの方に訪れて頂けるようになりました。ほんとに感謝です。このブログを通して、一人でも多くの方が良い商品に出会える事を願っております。 たまに関係のない事も書きますがご了承ください。

NIKE フリー フライニット+ 買ってみた。

NIKE FREE FLYKNIT 

ご存知でしょうか?

これです。

フライニット

2013年8月に発売されたスニーカーです。

先月も新作の発売がありました。

 

この靴の何がすごいのかといいますと、

アッパーがニットなんです。

その名の通りですが。

 

 

 

 

 スニーカーはソールとアッパーに分かれています。

素足感覚でお馴染みのナイキ フリーのソールと、

アッパーには靴下の強力版という組み合わせです。

 

今までいろんなスニーカー履いてきたのですが、

アッパーの素材がやわらかいものはとても履きやすくかつ長持ちした記憶があります。

人間でも同じで、ストレッチを良くしていると怪我をしにくいのと同じ。

アッパーがやわらかいと力が分散されて、一箇所に力がかからないため、

アッパーとソールの接着が長持ちするんです。

 で今回のフライニット アッパーがニットです。

 

もう買うしかないと思い購入してみました。

f:id:talbotbuy:20140514091507j:plain

すみません。後で説明しますが

買ったのは一つ前の型です。

 

実物はよくもここまで編めるもんだという技術が詰まったニットです。

きっと開発光景は情熱大陸な感じでしょう。

企業努力、技術力の高さが感じられます。

 

ソールは5.0

ナイキが提唱する数値で

0が素足

10.0今までスニーカーのソール

という基準なので

ちょうど真ん中です。

 

初めてフリーを履かれる方は5.0がおすすめ。

 

で履いた感想は

 

強い靴下に守られている感じ。

履くときもほんとにゴムの強い靴下を履く感じです。

フットスケープのようなリラックスして足が包まれる感じを想像していたのですが、

大きな間違いでした。

甲がかなり締め付けられます。

なので0.5cm大きめを買われる事お勧めします。

 

ナイキのアナウンスによると、

足を圧縮するようにフィットする事で、ソールがしっかり足に密着し、推進力も高めるという構造だそうです。

あえて圧縮をかけている。

 

 圧縮がかかってもクッション性はとても高いので、締め付けられながらも

これはとても新しい。

ふあふあした不思議な感じになりました。 NIKEのルナ系はかかとのクッションはいいんですがつま先から土踏まずまでのクッションがなんだか固い。

これはつま先からかかとにかけて雲の上な感じです。

フットスケープにもう少し厚みをました履き心地かつ

足の後ろが締め付けられ、つま先がフリーな感じです。

とても新しい感覚。

 

 

 

先日発売された新作のデザインが

素晴らしくかっこ良かったんですが

メンズ↓

ナイキ フリー 3.0 フライニット メンズ ランニングシューズ. Nike Store 日本

レディース ↓

ナイキ フリー 3.0 フライニット ウィメンズ ランニングシューズ. Nike Store 日本

 

もう少しクッション性のあるソール5.0タイプで

前の2013年デザインも良かったので、そっちにしました。

3.0は今年のほうがかっこいい

5.0は前のモデルのほうがかっこいい

+

とにかく安かったから。

今なら1/3に近い価格で購入できます。

 

僕の購入したものと同じモデルなら

amazon 楽天で半額以下です。

足の甲が分厚い人や

幅が分厚い人は0.5サイズ大きめを購入されることおすすめします。

 

追記)

nikeのストアの方によると+1.0cm もしくは分厚い靴下がおすすめだそうです。

 

 

楽天でもかなりお安い感じです。

楽天のほうが安くて色んな色があります。

是非探してみてください。

 

一個前の型

メンズレディースともに

とてもお安いのでお勧めします。

 

是非スニーカー探されている方購入の参考にしてください。

走ることや歩くこと楽しくなりました。

 

NIKEとフライニットの取り組みにはとても深い関係があり、 過去の記事ですが

靴のiPhone.....賃金の安い国で製造する必要がなくなる等 とてもおもしろかったです。

 

米国のナイキが取り戻し、ソニーが失ったもの 画期的新製品「フライニット」が暗示する米国の復活:JBpress(日本ビジネスプレス)

 

 

ジャックパーセルをカスタムしたこちらの記事も是非

 

www.talblo.com


www.talblo.com